Read Article

Henrik Windstedt – The Humble Star

世界中のスロープを制覇した世界トップレベルのフリースタイルスキーヤー、Henrik Windstedt(ヘンリック・ウィンステッド)。その世界的名声をよそに、彼は自身のルーツである故郷Åre(オーレ)に立ち戻り、世界的スターになることの意味について考える。

Freeride World Tourの覇者であるヘンリックは、小さなスウェーデンにある故郷のスロープ、オーレを、世界の中の一つの場所として捉えている。

スキーの大会に詳しくない人でさえも、ヘンリックの経歴には驚くはずだ。ただ、彼は輝かしい経歴を残すためにスキーをしてきたわけではない。故郷の街オーレのように、ヘンリックは気取らないその人柄と世界レベルのタレント性を兼ね備えたスキーヤーといえる。

自身を「孤独な狼」と呼ぶ一方、スキーやその撮影や大会のために世界中を飛び回る時以外、ヘンリックはとにかく地元にいることを優先する。「僕のようにたくさん旅をしていると、誰とも会う時間がなくなるんだ。地元にいる時は、とにかく友達や家族といることが一番好きだね。」

Follow @windstedt on Instagram.