The Layering Guide

3レイヤー

バックカントリースキーなどのアクティビティのような、
体感の寒暖差が大きい状況下で推奨するレイヤリング技術をご紹介します。

1.ベースレイヤー

ベースレイヤーで重要なのが「吸水速乾性」です。
メリノウールまたは化繊素材のファブリックのベースレイヤーを選びましょう。
かいた汗の濡れ戻りによる体温低下を防ぐ速乾性はもちろん、
保温性などアクティビティを支える上で重要な機能も兼ね備えています。

2.ミッドレイヤー

ミッドレイヤーはアウターとインナーの間に空気を溜めることで、
体温を充分に保てるようにすることが重要です。
フリース、ウールなどの速乾性があり、暖かさと動きやすさを兼ね備えた
ファブリックのウェアを選びましょう。

3.インサレイション レイヤー

インサレーションとは、「遮断する」という意味の“insulate”に由来し、
文字通り外の冷たい空気と体表面の暖かい空気との間を遮断して熱を逃がさないようにする、主として保温が目的のレイヤリングです。
季節や場所を含めれば非常に多岐に渡る選択肢がありますが、
バックカントリーではザックに入れる携帯性を備えた
濡れに強い化繊の中綿ウェアが汎用性の高さから推奨しております。

4.シェル レイヤー

シェルジャケットは、防水性を備えたハードシェルジャケットと呼ばれ、風、雨、雪などあらゆる天候や環境に対応できるハイテクなアイテムです。本格的なスキーや登山活動など幅広く活躍してくれる優れたアイテムです。

 

5. アクセサリー

耳元までカバーできるニット帽、保温性に優れた化繊のグローブなど、スキーや冬のアウトドアアクティビティの定番アイテム。雪山で身体を保護するためにも、これらのアクセサリーは必要不可欠です。