Gore-Tex®

全てのGORE-TEX®プロダクトの要、GORE-TEX®メンブレン

GORE-TEX®メンブレンは、延伸ポリテトラフルオロエチレン(ePTFE)の非常に薄い膜で、1平方センチメートルあたり14億個以上の孔(あな)があります。水滴の20,000分の1、水蒸気の700倍の大きさというこの微細な孔構造がGORE-TEX®ファブリクスに優れた防水性、防風性、透湿性を与えます。
メンブレンには疎油性(油分を嫌う性質)物質が組み込まれており、メンブレンに影響を与える可能性のあるボディオイルや虫除けスプレーの浸透を防いでいます。ユーザーの様々なニーズを満たすため、W.L.Gore&Associatesは異なるGORE-TEX®メンブレンを開発・提供しています。
・ゴアの基準では、防風性があるファブリクスと呼べるのは、通気性が5 l/m2/s以下の場合です。すべてのGORE-TEX®プロダクトは、この基準をクリアしています。
・ゴアの透湿性基準では、激しい運動を行っている間でも汗による水蒸気を効果的に放出する性能が要求されます。

 

GORE-TEX® のラミネート構造
2層構造
 
2層構造のGORE-TEX®ファブリクスで作られた各種ガーメントは、広範囲にわたるアウトドアアクティビティに対応しており、快適性、防護性に長けています。GORE-TEX®メンブレンを表生地のみにラミネート(貼り合わせ)しており、内側は独立した裏地で保護されています。この独立した裏地が快適性と汎用性を向上させます。また、断熱材と組み合わせることで、着用者をドライにそして暖かく保つことができます。

3層構造
2層構造とは異なり、メンブレンは多様な表生地と裏地の間にサンドイッチ状にラミネート(貼り合わせ)され一枚地のファブリックとなっています。3層構造のGORE-TEX®ファブリクスで作られたガーメントは、かさばることなく、耐久性を付加します。レイヤーを減らしたことで、軽量化と動きやすさを実現しました。

Zライナー構造
GORE-TEX® Zライナーは、GORE-TEX®メンブレンを軽量なファブリックと貼り合わせ、そのラミネートを表生地とライナーの間に吊り下げる構造となっています。縫い目のシールが少なく、ウエアをより自由なデザインで作ることができるため、高い快適性と多様なスタイルを提供します。インサレーションに使われることもあります。

対水圧基準値(mm/24h)
対水圧とは圧力の測定値で、ファブリックが24時間保持できる水柱の高さ(ミリメートル)として表示されています(mm/24h)。

透湿性基準値(g/m2/24h)
透湿性とは、素材を通過する蒸気量の測定値で、24時間で1平方メートルのファブリックを通過する水のグラム数として表示されています(g/m2/24h)。ラボでの通気性テストの結果は異なることもあり、含有する塩分にも影響されるため、この基準値は参考値となり、自然界での実際の性能を反映している訳ではありません。

 

代表的なテクノロジー
Paclite®プロダクトテクノロジー
非常に軽量でパッカブルな構造をもつPaclite®プロダクトテクノロジーを使用したガーメントは、ハイキングやサイクリング、その他重量やスペースが重要となる各種スポーツにとって理想的なガーメントです。風が強く寒い条件下においても、激しい運動中はドライで涼しく、クールダウン中には暖かく体を維持します。

コンフォートマッピング
肩、背中、関節のような特徴的な部位において、特定のGORE-TEX®ファブリックは、通気性、肌への快適さ、暖かさ、フィット感などを最大限に高めるように設計されています。

エクストリーム ウェット ウェザー構造
このガーメントは高度なデザイン技術で作られており、激しく続く風雨等、広範囲にわたる気象環境からしっかりと身体を守ります。

推奨アクティビティ
・ランニング、サイクリング
・釣り、ハンティング
・ゴルフ
・モーターサイクリング
・ツーリング
・スキー、スノーボード
・旅行

※日本語サイト
https://www.GORE-TEX.jp/

OTHER MATERIAL